最近のトラックバック

« ゴールドコースト他、クイーンズランド州南部の観光地記事をアップ! | トップページ | バンクーバー冬季五輪開幕!…どうりで似てると思ったら… »

チンパンジーのお葬式

動物に死を悼む気持ちはあるのか?

いかに高度な知能を持つエイプ(類人猿)であっても、「他のものの死を悼む気持ちはない」「親近者や仲間の死を悼む気持ちがあるのは人間だけ」というのが、これまでの通説でした。これは、霊長類研究所としては世界最高峰の「京都大学霊長類研究所」、山極寿一教授(京都大学大学院教授・霊長類学)も以下のように述べています。

動物には生と死という区別がない。人間には社会が出来て、そこに死を悼む気持ちや、恐れる気持ちが生まれた

ところが、少し前の新聞に興味深い記事が出ていました。

それは、野生チンパンジーが生息するカメルーンの保護区でのこと。傷ついたり、病気等、様々な理由で保護されたチンパンジー達が野生に戻れるよう訓練するセンターで、ある日、1頭のチンパンジーが野生に戻ることなく死亡。

センターのスタッフらがそのチンパンジーの撤去作業をはじめたところ、わらわらと他のチンパンジー達が集まり、連れて行かれる(死んだ)仲間をじっと見守っていたそうです。その様子は、皆どこか悲しそうで、しんみりとしていたと……。

この様子が世界各地で報道され、「もしかしたら、チンパンジーにも仲間の死を悼む気持ちがあるのかもしれない」と、生物学者達からもこれまでの通説を覆す意見が出始めたとか。

「動物に死を悼む気持ちがない」と人間が勝手に決め付けること自体が、間違っているような気もします。その動物でなければ、わからないことがたくさんあるはず。…と私は思うんですけどね。。

News_chimp

« ゴールドコースト他、クイーンズランド州南部の観光地記事をアップ! | トップページ | バンクーバー冬季五輪開幕!…どうりで似てると思ったら… »

野生動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262670/33319822

この記事へのトラックバック一覧です: チンパンジーのお葬式:

« ゴールドコースト他、クイーンズランド州南部の観光地記事をアップ! | トップページ | バンクーバー冬季五輪開幕!…どうりで似てると思ったら… »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ